シャーロット・ミドルトン

《blue》悲しくなりたいとき

タイトルだけでも泣ける絵本『ぼくのこともわすれないでよ』作:シャーロット・ミドルトン/訳:三辺律子(ほるぷ出版)

人間に置き換えても、置き換えなくても泣いてしまう絵本『ぼくのこともわすれないでよ』。兄弟や姉妹のケンカについて考えさせられるオススメの絵本です。
スポンサーリンク