《hungry》食欲をわかせたいとき

個人的にはしろくまさんの作るパンの方が好きです『くまくまパン』作:西村敏雄(あかね書房)

いつもなら長い列に敬遠してしまう人気のパン屋さんにも「並んでみようかな」という気持ちにしてくれる絵本『くまくまパン』。パンが食べたくなります。
《column》コラム・ブログ

司書さんのお仕事もすこし楽になったかも?最近の図書館の便利さについて!

最近の図書館はこんなにも便利になっていた!最近の図書館事情とオススメの楽しみ方をご紹介します。
《blue》悲しくなりたいとき

タイトルだけでも泣ける絵本『ぼくのこともわすれないでよ』作:シャーロット・ミドルトン/訳:三辺律子(ほるぷ出版)

人間に置き換えても、置き換えなくても泣いてしまう絵本『ぼくのこともわすれないでよ』。兄弟や姉妹のケンカについて考えさせられるオススメの絵本です。
《hungry》食欲をわかせたいとき

わかってらっしゃる!!『コロッケ できました』作:彦坂有紀/もりといずみ(講談社)

色と食べ方が絶妙。ほんとうにお腹がすく絵本『コロッケできました』。あなたもいますぐコロッケが食べたくなるはず。
《column》コラム・ブログ

絵本が好きなら、きっと好き!バンド相対性理論の不思議な魅力について

歌詞がそのまま絵本になりそう!バンド「相対性理論」の不思議な魅力を解説します。
《happy》楽しくなりたいとき

すべてに理由がある『コップってなんだっけ?』著者:佐藤オオキ(ダイヤモンド社)

世界的なデザイナー佐藤オオキさんが作った、楽しく発想力を鍛えられる絵本『コップかもしれない』。発想の転換を身につけたい人におすすめです。
《daze》ボーっとしたいとき

3回続けてよんでしまう絵本『こねこにこにこ ねどこでねころぶ』文:石津ちひろ/絵:藤枝リュウジ(BL出版)

思わず声に出して読みたくなる、おすすめの音読絵本『こねこにこにこ ねどこでねころぶ』。絵本の音読効果をお試しあれ。
《column》コラム・ブログ

《感想・レビュー》不器用なわたしが”おそらの絵本”を買ってみました!

練習してもしても、ちょうちょ結びは縦。そんな不器用なわたしが”おそらの絵本”を買ってみた感想をレビューします。
《happy》楽しくなりたいとき

あ~予想外!!さすがのナンセンス!『チョコレートパン』長新太(福音館書店)

疲れたあなたにオススメ。長新太さんの最高にナンセンスな絵本『チョコレートパン』で笑いをお届け。
《scary》眠りたくないとき

強靭なこころ『グリムの昔話 くまの皮をきた男』絵:フェリクス・ホフマン/訳:佐々梨代子/野村ひろし(こぐま社)

グリム童話はさすがです。この現実的な設定は、大人だからこそ怖い。絵本『くまの皮をきた男』