【感想・レビュー】工藤ノリコさんの『ノラネコぐんだん』はらぺこレシピでクッキーを作ってみた!

はらぺこレシピ 《column》コラム・ブログ

工藤ノリコさんの『ノラネコぐんだん』シリーズはファンも多い絵本ですよね。

わたしもファンの一人です。

人気の絵本によくあるように、この『ノラネコぐんだん』シリーズもたくさんのグッズが販売されています。

そして、わたしは以前から欲しいと思っていた「はらぺこレシピ」なるノラネコぐんだんの抜き型とレシピがセットになったグッズを購入しました!

感想は「最高にかわいい!」そして「想像より大きい!」です。

今回は「ノラネコぐんだんはらぺこレシピ」について写真付きで紹介していきます!

スポンサーリンク

ノラネコぐんだんのクッキーを作る!

では早速ですが、ノラネコぐんだんのクッキー作りに着手していきましょう。

ちなみに上の画像は、わたしが作ったすべてのクッキー。

もうすでに笑えますね。

さて、まずはレシピの中身から紹介していきます。

わくわくの中身を紹介

箱を開けると、上の画像のように「レシピ集・レシピカード・抜き型の入った箱」が入っています。

全部ノラネコさんたちが描かれていて、めちゃくちゃかわいい!

レシピカードは、レシピ集に載っている全16レシピの内5つのレシピを切り取って小さなカードとして使えるようにされています。

カードの裏面が料理の写真になっているので、冷蔵庫に貼っておいてもかわいいです!

そしてこのはらぺこレシピ最大の魅力である型抜きはコレ!!

今にも「ニャー」という声が聞こえてきそうな大きな顔型と、反省ポーズの型そしてお魚型の3つ。

ちゃんと顔の表情までつけられるのが最高です!

なにより想像よりも大分大きかった!

はんせい型の大きさが縦:約9.5cm/横(手から手まで):約11cm

かお型が縦:約6.5cm/横:約8.5cmでした。

※手で測ってます、誤差についてはご了承ください。

とにかく、これだけ大きければ「料理が下手なわたしも頑張って作れるかも」と希望が持てる大きさです。

レシピには従わずに作る!

「いよいよクッキーを作ろう!」となりますが、料理はヘッタクソで雑なわたしが薄力粉を使ったちゃんとしたクッキーなんか作れるわけありません。

早速レシピを無視し、100均の簡単粉でクッキーを作ります。

100均の粉(今回はセリアで購入)は薄力粉やら砂糖などが全て混ざっているもので、他にバターと卵黄だけ用意すればOKというもの。

しかもそれをただ混ぜて焼くだけという…ものすごく簡単!

「これならできるだろう!」と思ったのですが、結構失敗しました。

焼く前

まず麺棒がなかったので、雑に手で伸ばしたらノラネコさんがデコボコになった…

麺棒って一般的な家庭にあるものなのだろうか。

ちゃんと料理する家ならあるのか…

まぁなにはともあれ「デコボコでも仕方がない」ということでクッキーを焼きました。

焦げました。

料理のセンス!!

完全に「ドッカーン!」てなった後ですね(笑)

焼き上がりのクッキーを見た瞬間、わたしもノラネコさん(顔型の方)と同じ顔になっていたはず…

でももう仕方ないので、セリアで買ったチョコペンで色付けすることにしました。

まだマシにできたクッキー

センス!!(笑)

なぜピンクと水色にしたのだろう…

唇が石原さとみさんくらいぽってりしている…

本来、上手な方が作れば相当かわいい仕上がりになります。

クッキーのレシピで紹介されているフードコーディネーターさんの作ったクッキーは、本当に素晴らしいです!

↑レシピに載っているクッキーの一部

めちゃくちゃかわいい!

ここまで完璧にはできなかったとしても、チョコペンの色は白と黒とピンクにすればよかった…

抜き型が可愛くて興奮するあまり、レシピをまるっと無視して作り始めてしまったのが原因ですね。

せっかちを直すのと料理は精進しないといけません。

しかし、どんな人でもこのレシピがものすごく楽しめるのは確かです!

例えば↑こんな感じで4コマ漫画も作れる!

また↑顔だけ日焼けさせることも可能!

そしてクッキーだけではなくて、他の料理も作ってみたくなります。

ちなみに頑張ってカレーを作ってみた結果が↑コレ。

圧倒的にセンスがない!!

最初マヨネーズで顔を作ろうとして、失敗した形跡が笑えます。

パプリカで作った唇もたらこ過ぎ!

「今日は辛口のカレーだよ」というメッセージには丁度いいかも!(笑)

このように料理が下手なわたしでも、このレシピはとても楽しめました!

わたしの料理はこんな感じになってしまいましたが、料理上手な方ならもっともっとかわいく作れるに違いありません。

なにより、お子さんや友達など誰かと一緒に作ったりしたらものすごく楽しい!

そしてノラネコぐんだんを作った後に、絵本を読んだら楽しさも倍増すること間違いなし!

「ノラネコぐんだんはらぺこレシピ」めちゃくちゃオススメです!!

『ノラネコぐんだん』の絵本について

画像出典:白泉社

絵本は、8匹の猫「ノラネコぐんだん」が主人公。

このノラネコぐんだん、見ても通りブスカワです(笑)

体型もツボみたいに丸くて、実際の猫だったとしてもとても好み!

そんなノラネコぐんだんシリーズは、以下の通り読み物を合わせて全10作品存在します。※2019年9月8日時点

  • 『ノラネコぐんだんそらをとぶ』
  • 『ノラネコぐんだんあいうえお』
  • 『ノラネコぐんだんパンこうじょう』
  • 『ノラネコぐんだんアイスのくに』
  • 『ノラネコぐんだんと海の果ての怪物』
  • 『ノラネコぐんだんおばけのやま』
  • 『ノラネコぐんだんふねにのる』
  • 『ノラネコぐんだんきしゃぽっぽ』
  • 『ノラネコぐんだんコミック』
  • 『ノラネコぐんだんおすしやさん』

基本的な流れはいつも同じなのに、すべて欲しいと思える絵本です。

ちなみにグッズもたくさん販売されています。

今回紹介しているレシピ以外にカルタやマスキングテープ、メモ、人形などがあり、絵本だけでなくグッズも欲しくなる!

そして、このノラネコぐんだんが最初に登場したのは『さすらいの就職犬ワンワンちゃん〜がんばれ!ワンワンちゃん』という4コマ漫画。

その漫画で絵本同様に自分たちの欲望の赴くまま行動・悪だくみしていたのが「ノラネコぐんだん」です。

時には電車の中で遊び、時には無賃乗車しようとしたり、プールでお風呂気分を味わったりしています!

ほんと本能の赴くまま!

ノラネコぐんだんが主人公となった絵本シリーズは、基本的には同じ展開になっています。

【ノラネコぐんだんが悪だくみする⇒悪だくみが成功する⇒ところが結局失敗する⇒怒られて反省する】

だいたいこのような流れです。

絵本で描かれるノラネコぐんだんの悪だくみは、大体が食べ物がらみ。

「おいしそう」「食べたい」という欲求が抑えられずに悪いことをしでかしてしまうんです!

憎めない!(笑)

つまり、ノラネコぐんだんはものすごい食いしん坊ということ。

さらに絵本で描かれる「そんなことまでする?!」という行動から、食への情熱もかなり強いことがわかります。

だからなのか、ノラネコぐんだんのレシピと聞くだけで自然と「おいしい料理なんだろうな」と思える。

そして、そんなノラネコぐんだんが自分でクッキー生地を作ったり、ハムを切ったりしている姿がレシピの挿し絵に描かれていてかわいい!

レシピだけど、絵本を読んでいる気分にさせてくれます。

工藤さんの絵を借りて、絵本の世界を自分で表現することができるレシピ絵本。

とっても楽しいので、ぜひ試してみてください!

《column》コラム・ブログ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
kibun de ehon 【いまの気分で読みたい絵本が見つかるサイト】