《happy》楽しくなりたいとき

楽しくなりたいとき 笑いたいとき
読めばきっと笑ってしまうえほんたち

《happy》楽しくなりたいとき

ポスターが気になる!『ぼくんちカレーライス』作:つちだのぶこ(佼成出版社)

香りをかいだだけで、その口になってしまう食べ物といえば、カレー!この絵本はほんとうに香りがするわけではありません。しかし、嗅いでいる気分になります。そして、読めば晩ごはんがカレーに決定してしまう絵本!
《happy》楽しくなりたいとき

結局食べたのかな?『回転ずっしり』作:おざわりゅうたろう/絵:まなかゆきこ(株式会社オザワン)

『回転ずっしり』はとても面白い絵本です。しかし、作っている会社が予想外でビックリします!
《happy》楽しくなりたいとき

お豆腐はシンプルがいちばん!『とうふさんがね・・』作:とよたかずひこ(童心社)

とよたかずひこさんの絵本『おいしいともだち』シリーズ、とうふさんの紹介です。とうふさんの、かわいらしい見た目と男らしい性格が素敵!
《daze》ボーっとしたいとき

絶対こっちがオススメ!『おやすみなさいおつきさま』ができるまで

天才マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのおやすみ絵本『おやすみなさいおつきさま』は意外とツッコミどころもある!
《happy》楽しくなりたいとき

うっかりがかわいい!『ねこのにゃーた』作:カワダクニコ(小学館)

「日常がいちばん面白いのかも?」と思える!おもしろ絵日記絵本『ねこのにゃーた』
《happy》楽しくなりたいとき

よみ終えたあとまで楽しい!『よるくま』作・絵:酒井駒子(偕成社)

酒井駒子さんの不思議でかわいいおやすみ絵本『よるくま』の紹介です。
《happy》楽しくなりたいとき

インドのバター食べてみたい!『ちびくろ・さんぼ』文:ヘレン・バンナーマン/絵:フランク・ドビアス/訳:光吉夏弥(瑞雲舎)

1988年に絶版になってしまった絵本『ちびくろ・さんぼ』が復刊していた!『ちびくろ・さんぼ』の歴史とあらすじを紹介します
《happy》楽しくなりたいとき

ぞうくんいいヤツだな…『ぞうくんのさんぽ』さく・え:なかのひろたか/レタリング:なかのまさたか(福音館書店)

さんぽに行きたくなる、愉快な絵本といえばコレ!『ぞうくんのさんぽ』
《blue》悲しくなりたいとき

あ~また嫌な予感する…『へろへろおじさん』作:佐々木マキ(福音館書店)

誰もが経験したことのある”ツイてない1日”そんな嫌な日常をおもしろおかしく切りとった絵本『へろへろおじさん』
《happy》楽しくなりたいとき

一人暮らしってこんな感じ?『わにわにのごちそう』文:小風さち/絵:山口マオ(福音館書店)

食欲がないときにオススメしたい、食べ物が出てくる絵本をご紹介。お腹のすくおもしろ絵本『わにわにのごちそう』で食欲増進!